MWC2019で発表されると予想されているソニーモバイルの新型スマートフォン「Xperia XZ4 Compact」のグローバルでの発売がキャンセルされ、日本専売モデルとなるようです。

ディスプレイは大型化へシフト

MWC2019で発表されると見込みのXperia XZ4 Compactは、3.5mmイヤホンジャックの復活、指紋認証搭載電源ボタンの復活など、原点回帰とも言われていましたが、ここにきて発表そのものがキャンセルとなった模様です。

Sony Mobileマーケティング担当副社長であるDon Mesa氏がCES2019のインタビューで以下のようにコメントしています。

We stuck with Compact for a very long time, because of the ease of use," Mesa explained. "There's always room for different sizes, but people want a lot more surface area for their content now.
“使いやすさを求め、非常に長い間Compactシリーズを提供し続けたが、市場は大型ディスプレイを望んでいる”

引用元:DIGITA TRENDS
このコメントだけではなく、Xperia XZ4 Compactのレンダリング画像をリークしたSteve氏もXperia XZ4 Compactは打ち切られたとTwitterに投稿していることから、グローバルで発売が打ち切られた模様です。

ただし、Xperia XZ4 Compactの発売がキャンセルされたのはグローバルの話で、日本市場は別のようです。日本市場では、NTTドコモがXperia Compactシリーズを発売しており、今も根強い人気を誇っています。日本市場では、引き続き発売される可能性が高いと言えます。いずれにせよ、2019年2月に開催されるMWC2019に発表される予定なので、Xperiaシリーズのラインナップに注目したいと思います。
おすすめの記事