ガジェット

PS4 Proは44,980円に!4K、HDRをサポート!薄型PS4は29,980円から

投稿日:

ps4-pro-01

ソニー・インタラクティブエンターテイメント(SIE)がニューヨークで開催した"Playstation Theater"で新型PS4こと「PS4 Pro」を発表しました。PS4 Proは、開発コード「Neo」として開発が進められていた端末。同時に薄型PS4も発表されました。




"Playstation 4 Pro"は4K、HDRに対応

ps4-pro-02

今回発表された「Playstation 4 Pro」は、開発コード”Neo”として開発されていた端末。特徴としては2点あります。

 

その①:CPU・GPUの性能が向上し、4K、HDRに対応

言うまでもなく、CPU性能の向上が図られています。CPUプロセッサ型番自体は従来のPS4と同一。型番は同じですが、動作クロックが向上しています。GPUは従来の1.84TELOPSから4.20TELOPSに向上。

 

CPU・GPUが向上したことにより、「4K」と「HDR」に対応!同じゲームをプレイする場合でもこの差は現れ、フレームレート数が増加し、より滑らかな映像になります。4K出力がサポートされ、4K対応テレビと組み合わせて使用すれば、より本物に近づいた映像体験ができます。カメラやテレビに続き、ゲームでもHDRに対応しました。HDRに対応ソフトをプレイする場合、今まで以上に色鮮やかな色彩階調表現が可能になり、黒つぶれがしにくくなります。

 

PS4 Proと旧PS4で同じゲームをプレイする場合でも、PS4 Proでプレイする方が断然キレイに、そしてリアルなゲームをプレイできます。

 

その②:ac対応で無線LANの性能が飛躍的に向上!

今やパソコンやスマートフォンでは当たり前に搭載されている無線LANの性能が飛躍的に向上しています。PS4 Proでは新たに5GHz帯の「ac規格」に対応。IEEE 802.11 a/b/g/n/acに対応し、従来の2.4GHz帯に加え、5GHz帯も利用できるようになりました。5GHz帯を利用すれば、有線LANにより近い速度でインターネット通信ができるため、有線LANという呪縛から解放されます。Wi-Fi通信状態において、動画のストリーミングやオンラインゲームも快適にプレイできること間違いなしです!

 

消費電力は250Wから310Wに増加。重量も2.8kgから3.3kgに増加しています。本体寸法は約296mm×55mm×327mmとなり、現行PS4と比べ一回りほど大きくなりました。

 

1TBを搭載したモデルのみ用意され、価格は44,980円。2016年11月10日に発売される予定です。

 

薄型になったPS4も発売!価格は29,980円から

ps4-slim

同時に薄型になった「PS4」も発表されています。性能は現行型とほぼ同じ。性能の違いとしては、PS4 Proと同様に無線LANが「ac規格」に対応した点と消費電力が250Wから165Wになった点。

 

無線LANはIEEE 802.11 a/b/g/n/acをサポート。PS4 Proと同様にWi-Fi通信状態でも快適に動画ストリーミングやオンラインゲームが楽しめます。諸費電力も従来より34%減の165Wになり、エコ仕様に進化しています。

 

肝心な薄型化は現行モデルより14mm薄くなっています。本体寸法は約265mm×39mm×288mmを実現。重さは0.7kg軽量化した2.1kgに。

 

価格は、500GBモデルが29,980円、1TBモデルが34,980円。こちらは2016年9月15日に発売が予定されています。PS4 Pro と PS4(Slim)のどちらを選ぶか悩みどころですが、4Kテレビをお持ちであれば4K対応の「PS4 Pro」を選択した方が賢明だと思います。

 

ソニー・インタラクティブ・エンターテイメント(SIE)

 

-ガジェット
-, , , , , , ,

Copyright© ガジェットスタイル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.