ニュース

NTTドコモが過去に遡ってクーリングオフの確認措置を実施

投稿日:

NTTドコモが携帯電話契約をキャンセルできる「確認措置制度」の実施が不十分だったとして2016年5月18日~2017年7月2日の過去期間の契約書を対象に再度、確認措置の申し込みを受け付けると発表しました。

過去に遡って「クーリングオフ」の申し立てが可能

「確認措置制度」とは、携帯電話の契約キャンセルのことを示しています。確認措置制度は携帯電話における「クーリングオフ制度」と言えます。契約手続きや説明が不十分だった場合に契約から8日以内に申し出れば、通信契約と付随する端末購入をキャンセルできます。

 

今回、NTTドコモは2017年5月18日~2017年7月2日までに手続きをした顧客に対し、再度「確認措置」の申し立てを受け付けると発表しました。つまり、対象期間であれば過去の手続きを遡って「クーリングオフ」できるということとなります。当然、対象者は「手続きや説明が不十分だった場合」に限られます。また、以下の手続きを行った顧客に限られます。

対象者

  1. XiサービスまたはFOMAサービスの新規契約
  2. FOMAサービスからXiサービスおよびXiサービスからFOMAサービスへの契約変更
  3. 料金プラン変更および割引サービスのお申込み

NTTドコモ

Adsense

Adsense

-ニュース

Copyright© ガジェットスタイル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.