2019年3月中旬に実施されたMac向けのChrome 73へのアップデートで「ダークモード」が追加されました。最新のMac OS「macOS Mojave」でダークモード設定をしているとChromeブラウザも自動的にダークモードに反映されるというものです。しかし、2019年3月25日時点で私の所有するMacで適用されていなかったため、手動で適用しました。

原因はChrome 73へアップデートされていなかった

2019年3月20日にMac向けのChrome 73のアップデートで「ダークモード」が追加された事を知りました。当初は、MacやChromeブラウザを再起動していなかったことに原因があると考えていました。それから5日間、毎日MacやChromeブラウザをシャットダウン→起動を繰り返しても適用されませんでした。

そこで、Chromeのバージョンを確認したところ、Chromeが最新バージョンにアップデートされていないことが判明。つまり、自動アップデートが「オフ」となっていました。そのため、手動で「アップデート」を実施したところ、念願のダークモード設定が自動で適用されました。

 

Chromeの更新手順は超カンタン!(操作は20秒で終わります)

Chromeを手動でアップデートする場合は、下記操作を実施します。

Chrome更新方法
①MacでChromeブラウザを起動する
②右上のその他アインコン「︙」をクリックする
③「ヘルプ(H)」をクリックし、「Google Chromeについて(G)」をクリックすると、
 自動でアップデートが始まります。
④アップデートが適用されると「再起動」ボタンが出るため、再起動して完了です。
上記操作は20秒から30秒程度で完了します。更新を確認後、最新アップデートがあればダウンロードを始めるため、インターネット環境にもよりますが更新には1分〜2分程度の時間を要します。
おすすめの記事