Appleが2020年後半に5G規格をサポートしたMacbookを発売する計画がある模様です。5Gは次世代通信規格であり、4G(LTE)の後継規格となります。高速通信・低遅延・多接続が可能な規格となります。日本では、ドコモ/KDDI/SoftBankの3社が2019年からサービスを開始すると発表しています。

Macbookは5G通信を搭載か?eSIMで実現?

台湾のメディアDigiTimesによると、Appleが2020年後半に次世代通信規格「5G」を搭載したMacbookの発売を計画していると報じました。既存モデルに搭載されるのか、現在開発中と思われている16インチのMacbookに搭載されるのかは不明です。

 

Appleは2020年中に5Gに対応したiPhoneを発売すると推測されていることから、同社にとって2020年は5G元年となる模様です。Macbookに5Gが搭載されるとすれば、iPhone XSやiPad Proに採用されている「eSIM」で実現されると思われます。

 

一方でWindowsを展開するMicrosoftは“Always Connect PC”を提唱しており、スマホと同様に「常時オンライン接続可能」「即時起動」をサポートしたラップトップPCが続々と発売されています。こちらのラップトップのほぼ全てにはQualcomm製のSnapdragonが搭載されています。現時点でAppleは、SIM搭載のMacbookを発売していないことから、Microsoftに出遅れています。

 

仮にMacbookに5Gが搭載されれば、AppleがMicrosoftに一気に追いつき、追い越す可能性も出てきます。

DigiTimes

おすすめの記事