iPhone ガジェット スマホ

Appleが10月30日にiPad Proの新型を発表か?

投稿日:

Appleが10月30日に「Special Event」を行うと発表しました。恐らく、遂に「新型iPad Pro」が発表されると考えられています。




手書きの招待状を送付

Appleが10月30日午前10時(日本時間の10月30日23時)からSpecial Eventを開催すると発表しました。本イベントでは、遂に待望の「新型iPad Pro」が発表されると考えられます。

 

 

iPad Proは新型で大きく生まれ変わる?

 

新型iPad Proのスペックですが、6個の注目ポイントがあると言われています。

 

ベゼルレスディスプレイを搭載

新型iPad Proでは、10.5インチ / 12.9インチの2種類のディスプレイサイズで発売されると考えられています。ディスプレイサイズは現行型と同じですが「ベゼルレスディスプレイ」を搭載することで、画面占有率が大幅に向上し、現行型より小さくなる模様です。

 

丸い指紋認証センサー付き「ホームボタン(Touch ID)」は廃止

現行iPadは指紋認証センサーが付いた「ホームボタン」が付いていました。しかし、新型iPad Proではホームボタンが廃止になると言われています。その代わり、iPhone XやiPhone XSに採用されているスワイプジェスチャーを使った操作「Fluid Interfaces」が採用されます。

 

Face IDが導入される

ロック画面の解除に便利だった指紋認証センサーが廃止される代わりに「Face ID」が導入されます。Face IDとは、Apple独自の顔認証システムです。このFace IDも進化し、Apple初となる“横画面における顔認証”もサポートします。

 

 

Lightning端子を廃止し、USB Type-Cを採用

iPhoneやiPadなどのモバイル端末には、必ずと言ってよいほど充電・通信用端子として「Lightning端子」を採用してきました。

新型iPad Proでは、伝統あるLightning端子が廃止され、代わりに「USB Typc-C」が採用されます。本当にあり得るのかと言われると、MacbookがUSB Type-C端子なので、可能性は十分にあり得るという回答しかできませんね…。

 

 

ヘッドホン端子は廃止。時代の流れなのか…

iPad Proでは更なる本体の薄型化が計画されています。新型iPad Proの本体の厚さは5.86mmになると見込まれています。現行モデル(10.5インチ)が6.1mmのことを考慮すると、ヘッドホン端子廃止による“薄型化”はあり得そうです。

音楽を聴くなら、“Bluetoothイヤホン”にするか“変換アダプター”を使うかの2択になりそうです。

 

 

デザインはiPhone SEのような角ばったデザインに

デザインは現行iPadから刷新され、iPhone SEやiPhone 5Sのような「角ばった」デザインになります。角ばったデザインにするために、ダイヤモンドカット加工が施されます。

 

この他にも多数の変更点があると考えられています。全て“噂ベース”なので、真相はわかりません。今はただ、10月30日のSpecialイベントを待つのみです!

-iPhone, ガジェット, スマホ
-, , , , , , , ,

Copyright© ガジェットスタイル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.