ガジェット

Ankerが26,800mAhを搭載したバッテリーを発売!PD対応でMacBookやSwitchを充電できる!

投稿日:

AnkerがUSB-PD(Power Delivery)に対応したモバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 26800 PD」を発売しました。価格は9,999円(税込)となります。




超大容量でiPhone 7を10回以上充電できる!

「Anker Power Core+ 26800 PD」は、PD(Power Delivery)に対応したモバイルバッテリーとなります。容量は26,800mAhとなり、超大容量なのが特徴。iPhone 7であれば10回以上、タブレット端末であれば2回以上充電できます。

 

 

本製品はPD(Power Delivery)に対応しています。PDとは、USB Typc-C ⇔ USB Typce-Cを接続することで充電できる機能のことです。このPD対応により、USB Type-Cを搭載する「MacBook」や任天堂「Switch」も充電することができます。なお、SwitechをHDMI接続している場合は、充電することができないので注意が必要です。

 

 

Power IQ対応!それなりに重い…

USB 2.0×2ポート、USB Type-C×1の合計3ポートを搭載しています。USB Type-Cであれば、最大30Wの出力に対応しており、MacBookやNintedo Switch以外の一部製品も充電できます。

 

 

USBポートはAnker独自の充電技術「Power IQ」をサポートし、2ポート共に最大5V/3A出力の急速充電ができます。

 

 

PowerCore+ 26800 PDの充電時間ですが、約4.5時間でフル充電が可能です。一般的なモバイルバッテリーの充電時間が約11.5時間と考えると、1/2の時間でフル充電ができます。

気になる本体寸法と重さですが、本体寸法は約180×80×24mm、重さは約580g。大容量のバッテリーを搭載していることもあり、重めになります。ただ、USB Type-Cを搭載したノートパソコンやNintendo Switchなどを充電できると考えると「重さ」や「コスパ」は最強かもしれません!何と言っても、信頼のAnker製ですので!

 

-ガジェット
-, , , ,

Copyright© ガジェットスタイル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.