ガジェット

無線LAN(Wi-Fi)の買い替えを検討する -無線LANとWi-Fiの違いは?-

更新日:

エレコム無線LAN

スマホやタブレット普及に伴い、年々重要になりつつある無線LAN(Wi-Fi)。無線LANの買い替え依然に、無線LANって何?という疑問から解決したいと思います。




 

無線LANとWi-Fiの違いは?

結論から言うと今日においては、”無線LAN”も”Wi-Fi”も全く同じもの。厳密に言えば、無線LANというカテゴリの中に”Wi-Fi”が存在しています。無線LANが登場したのは、1990年前後。当時は「A」という企業が作った無線LANは、「A」同士でなければ接続できないケースが多々ありました。もっと簡単に言えば、現在の"Windows"と"Mac"のようにソフトウェアの互換性が無いということです。

 

この状況下では、あらゆるものを「A」という企業が作ったものに統一する必要が出てきます。無線LANのような”ワイヤレス”で機器を接続するよりも、ケーブルで繋ぐ方が様々な機器と接続できるのでケーブルの方が良いと思いませんか?

 

そこで登場したのが"Wi-Fi"と呼ばれる規格です。Wi-Fiは「Wi-Fi Alliance」と呼ばれる団体が設立されました。なお、設立されたのは1999年と比較的、最近です。当時の団体名は「WECA(Wireless Ethernet Compatibility Alliance)」。Wi-Fi Allianceは、多数の企業から発売されていた「IEEE 802.11」という無線LAN標準規格を相互に接続できるかをチェックし、相互に接続できる製品に対して”Wi-Fi”という名称を付与できるようにしました。

 

つまり、Wi-Fi規格同士であれば、ワイヤレスで機器同士を接続できる。

 

 

IEEE 802.11 とは?

IEEE 802.11は、無線LANの標準規格です。例えば、”無線LAN = 日立製作所”であれば、”IEEE 802.11 = 冷蔵庫” です。 IEEE 802.11の読み方は、「アイ・トリプルイー(IEEE)」と呼びます。

 

 

簡単にまとめてみると…

無線LANの配下には、IEEE 802.11と呼ばれる標準規格が存在します。この標準規格同士が正しく動作することを保証していることを表すのがWi-Fi規格です。

 

-ガジェット

Copyright© ガジェットスタイル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.