スマホ

日本初のAndroid One スマホ 507SH がY!モバから発売へ、最新OSを2年間保障

投稿日:

507SH 01

Y!モバイル、Google、シャープの3社が共同で日本初となるAndroid Oneスマートフォン「507SH」を発表しました。Android Oneは最低18ヶ月間の最新OSを保障した仕様となっており、次期Android OSである"Android Nougat(7.0)"へのアップデートが保障されています。

 




507SHはワンセグにも対応

 

507SH 03

今回発表された507SHは、Y!モバイルブランドで発売されます。販売時期は7月下旬を予定しており、価格は実質負担金ベースで1万~2万円の見込み。

 

 

 

507SH 10

507SHのスペックは、5.0インチ HD(1,280×720) IGZOディスプレイ、Android 6.0 (Marshmallow)、Qualcomm Snapdragon 617 MSM8952 1.5GHz+1.2GHz (4コア)、RAM 2GB、ROM 16GB。防水・防塵に対応し、ゲリラ豪雨時やお風呂場等でも使えます。外部ストレージは最大200GBのmicroSDXCに対応。

 

 

507SH 07

日本仕様ならではの"ワンセグ"に対応。メインカメラは約1,300万画素、フロントカメラは約500万画素、充電端子は"microUSB"を装備。バッテリー容量は約3,010mAhと各携帯キャリアから発売されているものと同等、もしくはそれ以上の容量を搭載しています。連続待ち受け時間は約695時間を実現。シャープの測定結果では、3日間連続の仕様が可能。Wi-FiはIEEE 802.11 b/g/n、NFC(Felicaには非対応)、Bluetooth 4.2を搭載。本体寸法は約142×71×8.9mm、重さは約135g。ボディーカラーは"スモーキーブルー""ホワイト""ブラック"の3色展開となっています。

 

 

Android One とは? Nexusとの違いは?

Nexus 6p

Android Oneはスマートフォンを発売する地域の端末メーカーとタイアップしてAndroidスマートフォンを開発しています。2014年にインドからスタートし、現在は21ヶ国で発売されているシリーズです。Nexusスマートフォンはグローバルで1~2機種発売されるのに対し、Android Oneは地域で1~2機種。もっと分かりやすく言えば、"Nexus 6(グローバル)"、"Nexus 5X(グローバル)"、"507SH(日本限定)"という感じ。

 

 

 

日本におけるAndroid Oneの特徴は…

Android One

今回発表されたAndroid One "507SH"は前述の通り、Google、Y!モバイル、シャープの3社のタイアップによって実現したモデル。富士通の"ARROWSシリーズ"やシャープの"AQUOSシリーズ"の場合、1年目までのOSアップデートは提供するが、1年目以降は提供しなくなるケースが多々見受けられます。これらのシリーズではピュアOSが提供されている訳ではなく、様々な日本のニーズに対応したカスタマイズOSが提供されているため、最新のAndroid OSを提供する場合、OSをカスタマイズする多額の開発費が発生し、アップデートの提供が断念されます。

 

Android One "507SH"では、最低2年間はGoogleが毎月自動アップデートを行い、最低18ヶ月間は最新OSへのアップグレードを保障します。よって、次期Android OSである"Android 7.0 (Nougat)"へのアップグレードが確約されています。

 

Android One (507SH)

 

-スマホ
-, , , ,

Copyright© ガジェットスタイル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.