Appleが毎年1度発表している新型iPhone(XI)の今年の発表日が2019年9月10日(火)で、発売日が2019年9月20日(金)になる可能性が高いことが分かりました。

ソフトバンク社長がうっかり発売日をリーク?!

Appleが今秋に発売を予定している新型スマートフォンiPhoneの発表日が2019年9月10日(火)発売日が2019年9月20日(金)になる可能性が高いことが明らかとなりました。

今秋発売される予定の新型iPhoneのモデル名は「iPhone 11(XI)」とみられ、トリプルカメラ(3眼カメラ)とみられており、2018年の3モデル(iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XR)と同様なラインナップとなる見込みです。

今回の発表日・発売日のリーク情報はソフトバンク代表取締役の宮内謙氏となります。

 

 

第1四半期決算発表でうっかり発売日をリーク!

2019年8月5日(月)に行われたソフトバンク(SB)の2020年3月第1四半期決算発表会を開催。

質疑応答の時間で、2019年10月1日から改正される電気通信事業法の質問で「9月中旬にiPhoneが発売されると思うが、発売されてから9月30日まではどういう感じになりそうか」と問われると、SB社宮内氏が「新型iPhone発売から9月30日までの)10日間どうしようかなという感じ」と回答。

その後、間を空けず続けて「(新型iPhone発売が)いつというのはまだ誰も知らない」と否定したものの、2019年9月30日の10日前にあたる2019年9月20日(金)にiPhoneが発売されることを示唆しました。

 

Appleが正式な発表日をリリースしていないのため、真相は定かではありませんが、例年9月10日前後に新型iPhoneを発表し、約10日後の9月20日に発売しているので、本情報は概ねあっていると考えられます。

今年発売されるiPhone XIでは、過去のような大幅なキャッシュバックができないため、15万円前後の端末費用が消費者負担となる見込みです。

そのため、ソフトバンク・NTTドコモ・KDDIの3社がどのような形でiPhone XIを販売するのかに注目が集まっています。

 

 

おすすめの記事