2020年1月にWindows 7のサポート終了が予定されています。過去には、Windows 7・Windows 8・Windows 8.1から無償で「Windows 10」のアップグレードが提供されていました。今回はこの無償アップグレード期間中にWindows 7からWindows 10にアップグレードした後に、PCの初期化でWindows 7にリカバリーして元に戻ったPCはどうなるかを備忘録もかねてご紹介します。

条件を満たせばWindows 10に無償で戻せる

結論から言うと、Windows 10に無償アップグレードしたPCは条件を満たせば、再び無償でWindows 10に戻すことができます。

条件
①パソコン出荷時のOSが「Windows 7」「Windows 8」「Windows 8.1」のいずれかに該当する
②Windows 10無償アップグレード期間中に「Windows 10」へアップグレードしている
③ハードウェアの構成変更を一切行なっていない
④Windowsのライセンスを変更していない
ちなみに私の場合は以下の状況でした。
PCの状況
A. パソコン出荷時はWindows 7
B. Windows 10無償アップグレード期間中にアップグレード済み
C. ハードウェアの変更を行なっていない(厳密に言うとHDD→SSDに換装)
D. ヤフオクで売却するために初期化したらWindows 7に戻った
上記の中でもっとも大切なのは②番です。
Windows 10無償アップグレード期間中に「Windows 10」へアップグレードしたPCだと、リカバリーでWindows 7/Windows 8に戻ろうが元のWindows 10に戻すことができます。
ただし、③番の条件である「ハードウェアの変更を一切行なっていないこと」もそれなりに重要です。当たり前ですが構成を変更した場合、メーカーサポートの適用範囲外となります。特にマザーボードを交換した場合は注意が必要です。極稀にマザーボードとOSが紐づいているケースがあります。この場合は、ライセンスが通らない可能性があります。

ツールをクリックするだけでWindows 10のアップグレードが開始

で、どのように戻すかというとボタンワンクリックで戻せます♪

Windows 10にアップグレードしたいPCからMicrosoft公式のWindwos 10のダウンロードサイトから専用ツールをダウンロードし、起動するだけでWindows 10のアップグレードが開始されます。プロダクトキーなどを用意する必要もありません。
Microsoft公式サイト:https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

ワンポイント
で、ここからが問題でした。Windows 7にリカバリーしたPCでWindows 10のダウンロードサイトにアクセスしても、アクセスできませんでした。原因を探っていくと初期化後のIEバージョンが古すぎてSSL通信できていなかったようです。

このような時のオーソドックスな解決策は「Windows Updateを全て適用する」です。IEのバージョンだけアップデートする方法もありますが、Windows 10アップデート後の不具合を最小限にするためには、この方法を推奨します。ちなみに、アップグレードにはSSDで数時間掛かりました。(5時間程度掛かりました)

 

Windows 10の初期化を使えば全てクリアでした!

今回は不要PCをヤフオクで処分するためにリカバリーを実施したため、Windows 10→Windows 7→Windows 7 各SP適用→Windows 10アップグレードという長い道のりを乗り越えました。

PCの調子が悪くなり、PCを初期化する必要があるケースの場合は下記方法を推奨します。

Windows 10初期化方法
Windowsの設定→更新とセキュリティ→回復→このPCを初期状態に戻すから、初期化することでリカバリーに近い状態に戻せます。このケースを活用した場合、OSはWindows 10のままとなります。
おすすめの記事