ソニーミュージックエンタテインメントが高音質の「ハイレゾ楽曲」を1,980円で聴き放題の定額サービス「mora qualitas」を2019年初春から提供すると発表しました。

1,980円で聴き放題は安いのか?

ソニーミュージックエンタテインメントが2019年初春からハイレゾ音源でのストリーミングサービス「mora qualitas(モーラ クアリタス)の提供を開始します。楽曲の最高音質は24bit/96kHzで、最低音質がCDと同等の16bit/44.1kHzのFLAC形式とのこと。

 

どちらも無圧縮と言われる「ロスレス音源」となっており、高品質の音楽が売りとなっています。2019年初春のサービスイン時は、パソコン(Windows/Mac)のみの提供となります。5Gがサービスインした段階でスマートフォン向けのサービスも提供すると考えられます。5Gの国内提供は早くても2019年冬と言われており、今から丸1年後となる見込みです。

 

現段階では日本のみでのサービス提供ですが、海外で「Napster」ブランドを提供するRhapsody社と提携していることも考慮すると、海外でも展開される可能性は非常に高いと推測できます。

 

現時点では、特設サイトがオープンしており、メールアドレスを登録することで最新情報を入手することができます。

mora qualitas

おすすめの記事