ソニーが2019年フラッグシップモデルとして発表を予定している新型スマートフォン「Xperia」に、映画館の画面スクリーンとほぼ同じ画面比率の超ワイドディスプレイが搭載される模様です。

新型Xperiaは21:9の超ワイドディスプレイに

2019年2月25日にスペイン・バルセロナにて発表される予定の新型Xperiaに、21:9の超ワイドディスプレイが搭載される模様です。本情報のリーク元である“WinFuture”によると、次期フラッグシップモデルとなる「Xperia XZ4」には21:9のディスプレイが搭載されます。

 

Xperia XZ4のディスプレイサイズは6.5インチとなる模様で、現行モデルのXperia XZ3の6.0インチと比べ0.5インチ拡大します。更にメインカメラは、デュアルカメラとなる見込みで、画質や一眼レフカメラで撮影したようなボケ感が向上する見込みです。

WinFuture

おすすめの記事