イヤホン

ソニーがaptX-HD対応のBluetoothイヤホン「WI-1000X」を10月7日に発売へ!価格は38,000円前後に

投稿日:

ソニーがBluetooth機能ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホン「WI-1000X」を発表しました。Bluetoothでもハイレゾを聴ける規格「LDAC」に加えて、Qualcomm規格の「aptX-HD」にも対応しました。




WI-1000X はLDAC / aptX-HD搭載の最強イヤホン!

「WI-1000X」はネックバンド型のBluetoothイヤホンとなります。10月7日に発売され、価格は38,000円(税込)前後の見込み。Bluetoothイヤホンでありながら「ハイレゾ」「ノイズキャンセリング機能」をサポートしています。また、ハイレゾ音源を"ハイレゾ音源"のままで試聴できる「LDAC」「aptX-HD」をサポートしています。

 

 

音作りに妥協なし

9mmダイナック型ドライバ / バランス度・アーマチュアユニットを組み合わせた「ハイブリッド仕様」に。周波数は3Hz~40,000Hzとハイレゾ対応のBluetoothイヤホンとなっています。

 

 

 

前述の通り、Bluetoothのコーデックは、ハイレゾ音源をサポートしたLDAC / aptx-HDに加え、SBC / AAC / aptXをサポート。Bluetoothプロファイルは、A2DP /  AVRCP / HFP / HSP をサポート。NFCを搭載しており、NFCによるペアリングもできます。

 

 

 

フルデジタルアンプ S-Master HX を搭載

ハイレゾ非対応プレーヤーから受信した音楽もハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」、ソニー独自のフルデジタルアンプ「S-Master HX」をサポートしています。更に、ノイズキャンセリング(NC)機能も搭載し、スマホのアプリと連携し、ユーザーの動きを認識する「Adaptive Sound Control」機能も搭載し、ユーザーが歩行 / ランニング / 乗り物に乗っているかを自動で検出し、それに合わせたノイズキャンセリング機能が適用されます。また、世界初となる、周囲の気圧も検出することで効果を最適化する「大気圧最適化機能」も搭載しています。

 

 

 

バッテリー駆動時間はワイヤレスで最大10時間、有線接続も可能で有線時は最大14時間の使用が可能です。重さは71g。

 

ソニー WI-1000X

 

-イヤホン
-, , , , , , , , ,

Copyright© ガジェットスタイル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.