ガジェット

ソニーが4K有機ELテレビ「BRAVIA A1E」を発表!

投稿日:

アメリカのラスベガスで開催されているCES 2017にて、SONYが4K有機ELテレビ「BRAVIA A1E」を発表しました。現時点で価格と発売日は未定です。




4K有機ELパネルは他社製を採用

ソニーが4K有機ELテレビ「BRAVIA A1E」を発表しました。現時点で、価格や発売日は未定です。2017年中に北米市場から順次発売され、日本でも発売される予定です。

 

BRAVIAシリーズとしては「初」となる有機ELパネルを採用したテレビです。ディスプレイサイズは、75インチ/65インチ/55インチの3サイズとなります。

 

4K(3,840×2,160)の有機ELパネル(OLED)を採用。有機ELディスプレイは、ディスプレイ自体が発光するためバックライトが不要となります。液晶パネル以上に”色鮮やかな”発色を実現します。また、自発光による「黒色」を表現でき、今まで見たことのない「本物の黒色」を体験することができます。

 

4K有機ELパネルは他社製となります。メーカーは明かされていないものの、パナソニックの有機ELテレビと同様にLG製になる可能性が高いと考えられます。

 

 

同社独自技術として、現行の液晶パネルテレビに搭載されている4K HDRプロセッサ「X1 Extreme」が搭載し、様々な映像をHDR相当にアップコンバートできます。Dolby Visionに対応し、Dolby独自のHDRもサポートしています。

 

テレビの映像やBD映像など、あらゆる映像を高精細な4K画像にアップコンバートする「4K X-Reality PRO」も搭載しています。

 

パネルがスピーカーになる?!

 

お気づきの方も多いかと思いますが、BRAVIA A1Eには、サイドにスピーカーが搭載されていません。

 

 

その代わりに「4K有機ELパネル」を振動させることでテレビディスプレイから直接、音を出力する同社独自の「アコースティックサーフェス」を搭載しています。

 

 

パネル部分のみの振動では、低音域の音が足りないため、背面のスタンドに「サブウーファー」が搭載されています。

スタンド部にテレビチューナー、各種映像処理プロセッサ、接続端子が搭載されており取り外しは不可。そのため、壁掛けする時は、「テレビ」と「壁」にスタンド分の「隙間」が出来てしまいます。

 

ちなみに・・・

同社初の有機ELテレビと言えば、2007年10月に発表された「XEL-1 (11インチ)」が存在しています。ディスプレイは、11インチ 940×540ドット。価格は約20万円とかなり高額でした。

 

価格が高い割には、高性能な訳ではありませんでした。それでも、有機ELならではの「鮮やかさ」や「引き締まった黒色」が注目されました。

 

2010年に販売が終了し、それ以降、同社製の一般ユーザー向け有機ELテレビは発売されなくなりました。BRAVIA A1Eは、約7年ぶりの有機ELテレビだけに気になります!

 

-ガジェット
-, , , , , ,

Copyright© ガジェットスタイル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.