2019年GWに観光目的でシンガポールに行った際に現地モバイルキャリア「Singtel」のSIMカードを購入し、使ってみました!

シンガポール国内であれば100GB/7日間使える

今回は4泊5日で観光目的でシンガポールに滞在しました。完全なる個人旅行であったため、オプショナルパッケージツアーを何も申し込まずに「トリップアドバイザー」「個人ブログ」「旅行本」を頼りに観光をするため、Googleマップを活用するため、スマホの通信環境が必須な状態でした。

 

 

海外Wi-Fiレンタルサービスを活用しても良かったのですが、最低でも1GB/日×500円/日 = 2,500円程度の費用が掛かるため断念。1日1GBの容量は非常に少なく、最低でも3GB程度の容量が必要欲しいと考えました。4G無制限プランの海外Wi-Fiレンタルサービスもありますが、5日間で4,000〜5,000円程度掛かります。また、紛失保険費用Wi-Fiルーターを充電する手間も考慮すると見えないコストが多々あり、シンガポール通信キャリアSingtelのSIMカード「hi!Tourist SIM Card」の購入に踏み切りました。

 

 

SIMカードプラン 15ドル hi! Tourist SIM Card 30ドル hi!Tourist SIM Card 50ドル hi!Tourist SIM card(Twin Pack)
データ容量 100GB 100GB  100GB
フリーアクセス Facebook, LINE, WeChat, WhatsApp Facebook, LINE, WeChat, WhatsApp Facebook, LINE, WeChat, WhatsApp
ローカル電話 500分 無制限 無制限
ローカルSMS 100通 無制限 無制限
国際電話 30分 90分 90分
データローミング(Australia, Indonesia, Malaysia, Thailand) 1GB 3GB 5GB
有効期限 7日 12日間 15日間

Singtel hi!Tourist公式サイト

なるべく安く快適にスマホを使いたいということから、「Singtel」の観光客向けSIMカードhi!Tourist $15 SIM Card for for 5 Days18ドル(日本円で約1,500円)を購入しました。このSIMカードは100GB/7日間なので実質的な容量無制限です。

通常版は15ドルですが、追加で3ドル支払うとMRT(地下鉄)のプリペイドカードが3ドルチャージされた状態で同梱されます。MRTのプリペイドカードは日本で言うSUICAやICOCAのようなもので、10ドル単位でチャージが可能なので、観光でMRTを

 

チャンギ国際空港で24時間購入できる!所要時間は約3分

このSIMカードはチャンギ(シンガポール)国際空港で24時間購入できます。2019年5月現在、チャンギ国際空港は4つのターミナルから構成されていますが、どのターミナルでも24時間購入できます。

 

 

私はシンガポール航空を使ったので、第2ターミナル経由で入国しました。第2ターミナル経由で入国した場合は、イミグレーションで入国手続きを行い、ベルトコンベアで預け手荷物を受け取った後に、到着出口から到着ロビーに出て、左方向に歩きます。

 

 

到着ロビーを出ると左手に「Travelex(両替所)」があるので、先ほどのSingtelの観光客向けのSIMカードを購入することができます。ちなみに、購入時にはシンガポールドルパスポートが必要となります。なお、両替は日本の空港よりチャンギ国際空港がレートが良いので、両替と同時にSIMカードを購入するのがオススメです!

第2ターミナル以外の到着ロビーにも「Travelex(両替所)」があるハズなので、どのターミナルでもSingtelのSIMカードの購入が可能です。

 

Singtelの通信速度は日本国内キャリアよりも早いかも?!

気になる通信環境ですが、MRT(地下鉄)、人通りが多いオーチャードロード、マリーナベイサンズでも、パケ詰まりすることなく快適な通信でした!今回はNTTdocomo版のiPhone XをSIMロック解除して持ち込みましたが、圏外になったエリアはありませんでした。

 

気になる速度ですが、オーチャード付近のホテルからオーチャードロードに移動しているタクシーの中で計測した結果、12時の昼間の時間でも下り最大81.99Mbps/上り最大29.76Mbpsを記録。日本国内の3キャリアを凌ぐ高速通信を実現していました。SIMカードを差し替え以外の煩わしい操作は一切なく、SIMカードを差し替えるだけでSingtelでのモバイル通信が可能です。テザリングも問題なく出来ました!

シンガポールに渡航する際はSingtelのSIMカードの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Singtel公式サイト

おすすめの記事