スマホ

オンキヨーがスマホ「GRANBEAT」を発表!高音質デジタルオーディオ機能を搭載

投稿日:

オンキヨー&パイオニアイノベーションズが「SIMロックフリースマートフォン」と「高音質デジタルオーディオプレイヤー」を組み合わせたハイエンドスマホ「GRANBEAT」を2月下旬に発売します。価格は82,800円(税別)。




高音質デジタルオーディオプレイヤーに!

GRANBEATは、高音質デジタルオーディオプレイヤーにスマートフォンを組み合わせたもの。単なる"スマートフォン"ではなく「SIMロックフリースマートフォン」となっています。ターゲットユーザー等は明かされていませんが、スマホとDAPの2台持ちをしたくないユーザー、DAPでSpotifyやLINE MUSICなどのストリーミング再生を楽しみたいユーザー向けだと考えられます。

 

 

スマホとしては世界初となるヘッドフォン用”フルバランス駆動””4極2.5mm”のバランス出力を搭載しています。ESS製DAC「ES9018C2M」2機とDP-X1にも搭載されているヘッドアンプ「9601K」2機を搭載し、DSD/MQA/FLAC/WAVなどのハイレゾ音源をサポート。最大384kHz/24bitまでのハイレゾ音源、DSD 11.2MHzの再生に対応します。また、所有している音源はもちろんのこと、動画やストリーミング再生時でも「超高音質」を実現します。

 

 

高周波設計技術とオーディオ設計技術を採用し、基板から発生するノイズを低減させる「シールド」を搭載しています。更に、Bluetooth時でもハイレゾ音源再生が可能な「aptX HD」を搭載し、48kHz/24bitの再生をサポートします。

 

 

スマートフォンとしての性能は?!

5インチフルHDディスプレイ(1,920×1,080)、CPUにQualcomm MSM8956 1.8GHz+1.4GHz (ヘキサコア)、RAM 3GB、ROM 128GB、OSにAndroid 6.0を搭載。なお、ディスプレイにはGorilla Glass 3を搭載しており、傷がつきにくくなっています。

 

 

リアカメラはソニー製(IMX298 Exmor RS)の1,600万画素、フロントカメラには800万画素カメラを搭載。microSDスロットを搭載することでストレージ容量の拡張も可能です。通信・充電端子は、microUSBとなっており、USB Typc-Cが主流になりつつあることを考えると少々古い設計となります。

 

 

 

モバイルネットワーク(バンド)は、LTEが1/3/7/8/19/26、HSDPA・WCDMA(3G)が1/5/6/8/19、GSM・GPRS・EDGEが850/900/1800/1900MHz。SIMスロットは、nanoSIMが2スロットであり、microSDとは別に設けられており、microSDスロットを犠牲にすることなく、デュアルSIM環境にできます。無線LANは、IEEE 802.11 a/b/g/n/acをサポート。

 

気になるバッテリーは3,000mAhと標準的なスマホより若干多い容量を搭載し、連続通話時間が22時間、音楽再生時間が25時間となっています。

 

本体サイズは142.3×72×11.9mm(奥行き×幅×高さ)、重量は234gとやはりヘビー級な重さに仕上がっています。

 

オンキヨー&パイオニアイノベーションズ

-スマホ
-, , ,

Copyright© ガジェットスタイル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.