スマホ

遂に来た!アップルが9月7日にiPhone 7を発表へ

投稿日:

iPhone 7

アップルが9月7日に新製品の発表会を開催するとアナウンスしました。そこで何が発表されるかは明らかになっていませんが、iPhone 7が発表されるのは間違いないと考えられます。




発表会ではiPhone 7、Macbook Pro、Apple Watchが発表される

発表会は、アメリカのサンフランシスコで開催されます。開催時刻は現地時間の9月7日午前10時から開催されます。日本時間では9月8日午前2時から開催となります。

既にアップルがイベントに向けた公式サイトをオープンさせています。そのサイトでは「See you on the 7th.」というメッセージが掲載されています。発表会の「7」と「7番目のiPhone」を掛けていると予測できることから、iPhone 7が発表されることは確実視されています。また、アップルは例年、9月に新型iPhoneを発表しているので"iPhone 7"が発表されるとみて間違いなさそうです。

新型が発表されるのはiPhone 7のほか、新型Mac book Pro、Apple Watch 2が発表される可能性も残されています。

 

 

発表されるiPhone 7は2モデルに

iPhone 7は、「iPhone 7」「iPhone Plus」「iPhone 7 Pro」の3モデルが発表されると考えられていました。しかし、最新の情報では「iPhone 7」と「iPhone 7 Pro」の2モデルが発表される見込み。

 

iPhone 7 と iPhone 7 Pro のスペックは

iPhone 7 01

現時点での噂を全てまとめると「iPhone 7シリーズ」のスペックは以下の通りになります。

・iPhone 7:4.7インチディスプレイ
・iPhone 7 Plus:5.5インチディスプレイ
・iPhone 7 Pro:5.5インチディスプレイ、デュアルカメラ 

iPhone 7 Plusは急遽キャンセルになっています。よって、発売されるのは「iPhone 7(4.7インチ)」「iPhone 7 Pro(5.5インチ、デュアルカメラ)」の2モデル。デュアルカメラ搭載モデルは、一眼レフで撮影したかのような”背景”をぼかした写真を撮影することができます。もっと簡単に言えば、Galaxy S7 Edgeで撮影した写真がiPhone 7 Proで再現できてしまいます。

 

スマートフォンの性能を左右するプロセッサーは新開発された「A10」になります。iPhone 6sやiPhone SEまではストレージの最低容量が16GBでしたが、iPhone 7シリーズからはストーレジの最低容量が32GBにアップグレードされます。

 

そして、遂にiPhone 7がFelica(おサイフケータイ)に対応する可能性があります。携帯電話の電子決済には「Felica方式」「Type A方式」「Type B方式」の3方式が存在しています。日本国内においては、Felica方式が採用されています。海外では「Type A」と「Type B」が採用されています。「Type A」と「Type B」は共存が可能です。しかし、「Felica」と「Type A/B」の共存は今まで出来ませんでした。
技術発展、そしてFelicaのアドバンテージが国際的にも認められ、最近やっと「Felica」と「Type A/B」の両方を共存させる技術が開発されました。iPhone 7シリーズはこの技術を採用し、Felicaに対応すると思われます。

 

良い情報ばかりではなく、悪い情報もあります。それは、全く予想が付いていない「イヤホンジャック」の廃止の件です。イヤホンジャックが廃止される可能性は非常に低いですが、仮にイヤホンジャックが廃止された場合、Lightning 3.5mm イヤホンジャック変換コネクタが同梱されるであろう、と考えられているので大きな問題にはなりません。少なくとも利便性という観点は落ちてしまいます。

 

Apple

-スマホ
-, , , , , , , ,

Copyright© ガジェットスタイル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.