2015年2月頃に購入したフィリップス製電動歯ブラシが故障したため、新たにフィリップス製Philips Sonicare HealthyWhite HX6753/32を購入し、1ヶ月経過したのでレビューしたいと思います。

フィリップス電動歯ブラシ「HX6753/32」を購入

2015年頃から使用していたフィリップスの電動歯ブラシが2019年5月末に故障したため、新たに「Philips Sonicare HealthyWhite HX6753/32」を購入しました。パナソニック「Dolts」やBRAUN「オーラルB」の購入も検討しましたが、フィリップス用の“替え歯ブラシ”が10本程度残っていたため、HX6753/32をAmazonにて約5,000円で購入。

 

歯がツルツルで磨き残しが無くなる!

箱を開封すると電動歯ブラシ本体の他に、歯ブラシ×3本、充電器が同梱されています。ブラシ部分はフィリップスの電動歯ブラシで共通化されているため、以前持っていた替ブラシを使い続けることができます。当然ながら本体が壊れても、替ブラシを後継機種で使い続けられます。

 

早速、組み立てて使ってみると、力強い高速振動で歯磨きをしていることが体感できます。31,000回/分の高速振動と幅広い振幅の組合せにより、音波水流を発生させる構造となっています。そのため、磨く残しがほとんど無くなります。また、2分間で歯を磨くように設計されており、合計3回のタイマー(30秒/90秒/120秒)でお知らせがあります。これを上手く活用することで、表裏4箇所を均等でブラッシングできます。

 

磨いた後は、歯がツルツルになります。手で歯を磨いた時と比較すると、コーヒーや紅茶の着色を落とせたと思います。また、電動歯ブラシが直接触れていない部分にも、水流で磨いているため虫歯になるリスクを低減させることができます。HX6753/32とホワイトニング用の歯磨き組み合わせて使うことで、自宅でより効果的にホワイトニングができると思います。

 

 

1週間に1回の充電でOK

充電ですが、1回のフル充電で7日(1週間)ほど使えます♪充電器付きスタンドが同梱されているので、毎日充電しても問題はありませんが、充電頻度が上がるとバッテリーのヘタリが早くなるため、バッテリー寿命延命を考えると1週間に1度の充電で十分だと思います。

 

使用中の音は、周囲の方は気にならないレベルです。使っている本人は、歯からの振動音がするため大きな音に聞こえますが、周囲からすると全く気になりません。

 

5,000円前後で歯ブラシが3本付いてきます。この純正の替歯ブラシは1,000円/本程度するため、替歯ブラシだけでも3,000円の価値があります!純正以外の替歯ブラシでも、問題なく使えますし、歯ブラシとしての性能が著しく低下することもありません。電動歯ブラシはPanasonicやブラウンなどから発売されていますが、個人的には性能や使い勝手を考えるとフィリップスがオススメです。

 

おすすめの記事